2005年06月19日

タコ勝負・・・経過報告

11b6ba74.jpg関節位置の設定中。

こんな大見得切りポーズとアングルは、いかにラビドリードッグといえどもオレの中では「ありえない」のだが、『修羅』の回のラビタコの圧倒的強さを見ると、こう描きたくもなる。
無論、あの世界では、無敵に強いのはラビタコではなくキリコなワケだが・・・
ATはどこまでいっても道具であり、専用機(実際は専用機ではなくストライクドッグの量産機なんだけど)でさえポイ捨て上等。

だが、それがいい。

死にかけた神が呼んでいる
全宇宙を敵にしても、我が下に来るべし
我は与えん、無限なる力を
我は伝えん、3000年の愉悦を
神なる者の壮大な誘惑
人たる者の壮絶なる決意
いまクエントに、最後の戦いが始まる

次回「修羅」

全てを得るか、地獄に落ちるか

systemA10 at 21:09│Comments(6)TrackBack(0)clip!ボトムズ 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by しょと   2005年06月19日 23:31
狂犬自体はそんなに強くもなかったんだよな確かに。
デンジャメロンにボコられてたしw>紫ラビ

で、どうにもやっぱりスマートに見えちまうなぁ。
H級のドッシリ感がオイラ的には欲しいと思うワケだが。

A10さが落ち着くまでオイラは便器とゲンゴロウ作るんで。
ジオラマに必要になってきた。

コッチもラフを詰めないと勝負にならんしなw
2. Posted by スーパーA10   2005年06月20日 01:02
素立ちでは結構デブっちょで短足だが、関節位置の関係で動くとこうなる。
カメラアングルもあるけどね。
それよかさ、全体のバランスとか前後にボリュームのある脚を見てなんかピンとこない?
側面から見た頭部バイザー形状に解答があるんだけど(公開してる画像じゃ分からないが)

ふふふ・・・それはね、藤田デザインATとの統一感さ!
このバランスはゼルベリオスなのだよ!
次回作はカラミティドックってコトか!?

・・・いや、61式を仕上げねぇとな(汗
3. Posted by スーパーA10   2005年06月20日 01:17
それよかさ、ルナマリアに反応がねぇのはどういうコト?
アレを描くと、『萌ぇ~』なお兄さん達が沢山釣れるっていったじゃん!

やはり、モザイク入るレベルのヤツじゃなきゃダメなのか?それとも汁か?汁が足りんのか?
ならば汁の大御所のトコにだって修行に出向くぞ!(ふんがー
4. Posted by しょと   2005年06月20日 01:49
FX系にしたいのかなぁ、とか思ったりしたワケだけど、
TV版のオマージュがあるだろうし、、、ドッチなんだろう、ってのがオレの素直な感想。

もしFX系だとスネの側面部分のハリも必要、そして全体のバランスが崩れてアボーンするワケだw

とりあえずさっきの地震でパニクってゲンゴロウの胴体をSaveしなかったぜorz

>ルナマリアに反応がねぇのはどういうコト?
投下するトコロを間違えてるってことだ!
あとな!ルナに見えないのが壱番の敗因だw

ルナスキーの注文はかなりウルサイらしいぞ。
5. Posted by スーパーA10   2005年06月20日 10:53
その時代に要求される運用思想に添う形で作られた兵器は、違う会社や国で作られていても似たオーラを纏う。
第3世代戦車群しかり、次世代戦闘機群しかり。
ユーロファイターとラプターは全然似ていないように思えるが、同じ世代の『匂い』がする。

このイメージをATにも当てはめるなら、ストライクドッグとカラミティドッグを並べた時に、同じオーラを放っていたほうが説得力あるんじゃないかなぁ?と。
このラビドリーは、ボトムズワールドにおいても存在を黙殺される藤田メカの救済なのである!(タイラントと同じだべ・・・)
一見スコープドッグの単なるスケールアップ版に見えるストライクドッグ系ATが、実はFX系統の次世代機なんだという無言の説得力ってのかな・・・そんな感じのディテールとバランス。
このポーズは関節の可動範囲を見る為のお遊び。

もともとキリコの操縦するATは無駄のない動きをするし。
見得切りは必要ない。
6. Posted by スーパーA10   2005年06月21日 02:52
えっとぉ、今日はギャプランとか描いてたので(2Dね)、タコ勝負に進展なく、ブログ更新はお休みぃ。

ああ、ギャプランかっこイイぜぇ!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
訪問者数

livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
Recent Comments
Archives
Profile
叡天
livedoorアミーゴ