2007年12月24日

バーザムマンセー

リアルバーザム

 

 

 

 

 

 

 

クリスマスったってさ、別に女がいるわけでも家族がいるわけでもねぇオレはさぁ、休日だってのに仕事が終わったら居酒屋で一杯ひっかけてから帰って「みなみけ」でも観て寝るだけなのよ。
寝ようと思ったらバーザムについて従来の学説を根底から覆すようなコトを言うバーザム研究家に出会った(無論いつもの幻覚だ)。彼に色々質問してみたので聞いてくれ。

 

Q.股間の「もっこし」はなに?
A.普通にビーム砲です。ただし、Eキャップ方式とか金かかるヤツじゃなくて、ジェネレーターっていうか、モロにミノフスキー=イヨネスコ型核反応炉から出てきたメガ粒子を適当に磁束して吐き出すっていう乱暴で安価な方式の。一発撃つと間接駆動させる電力が全部パーになって動けなくなるから、まともなパイロットなら撃ちません。有効収束距離も異様に短いし。拡散ビームってヤツ。近接戦闘とかしたくないタイプだから脅しで付けてみた。

Q.脚、変じゃね?
A.あんだと?喧嘩売ってんのかゴラ?中身はマーク兇離燹璽丱屮襯侫譟璽爐泙鵑泙世茵二重関節なんてけったいなモンは宇宙空間での機動時にはほとんど使わねーっていうデータがあんだよ、こちとらぁ!だから鳥脚に固めてやった。後悔なんかしてねぇ!

Q.いや、腕も変じゃね?
A.だから中身はマーク兇離燹璽丱屮襯侫譟璽爐世茵脚が動かねぇから、代わりに腕の関節を増やしてみた。モーター数が増えて値段が高くなると思ったキミはMS素人だぜ。モーター数を増やすことで一個一個のモーターの寿命が延びるんだなコレが!部品の交換スパンが長くなればメンテ費は抑えることができる。多重関節ってのは軟骨効果以外にも意味があんだよ。MSの運用コストで最も高くつくのはメンテ費用だ。メンテ費抑えることができればな、多少導入費用が高くなってもな、すぐにもとが取れるんだよ。それにムーバブルフレームの関節部はモーター以外ほとんど規格品だからな、1,2個増えてもそんなコスト高にはならねぇのだ。ふははは!!

Q.頭の羽飾りはなんだよ?
A.・・・・・・・・・・・・・・・・・・・飾りだ。悪ぃか?ついでにアンテナだ。ミノフスキー粒子下じゃ役立たずだけどな。それと慣性モーメントを殺すスタビライザーの意味もある。これで射撃時に機体が安定すんだが…動きが鈍くなっちまったYOOOOOO! ま、強化人間が乗るワケじゃないからいいか。

Q.腰がなくて変だ
A.さっきから変変変って変なのはオメェのド頭だっ!腰なんざいらん!オメェは宇宙でMSに性的な動きでもさせてぇのか!?その代わりに腕にいっぱい関節がある。問題ねぇ。コイツは手技がスゴイ!

こんな調子で、バーザムマンセーだ。GFFのカトキバーザムを見せるとすごい形相で手足を百式のと取替え始め、変テコなMSにされた。付き合いきれん。もう寝る。



systemA10 at 23:21│Comments(2)TrackBack(0)clip!バーザム解 | 雑記

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by キングハナアルキ   2007年12月25日 20:14
多重間接の効能をもうひとつ

モーターを増やすことにより間接を曲げる時の角速度を上げることが出来るのではないかと思います

単軸間接で180度間接を曲げるのに0.1秒かかると仮定して、多重間接にして間接とモーターをひとつずつ増やすと0.05秒に短縮できるのではないでしょうか
必要とされる出力も倍になるでしょうけど

2. Posted by 叡天   2007年12月25日 21:21
グレェェェェィト!
アンタ天才MS博士だよ!
それイタダキだよ!
そうか、角運動量の分担か、そうかそうか、うんうん。
ムーバブルフレームによってMSの運動性が飛躍的に向上したってのは、ココらへんに理由を見つけられそうですね。
実にイイ発想だ。オレのMS構造学に取り入れる。ただちにパクる(ォィ

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
訪問者数

livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
Recent Comments
Archives
Profile
叡天
livedoorアミーゴ