2008年04月04日

「タイラント・ソード」覚え書き(独自解釈込み)

●ネオファリア
アナハイム社内のシンクタンク、第13開発局の通称。
対使徒人型決戦兵器でもこっそり作っていそうな名前だが、実際それ以上にファンタジーな兵器を作っていたことになっている。
ミノフスキー物理学の権威であるネイナ・ラフィット・ファルム博士が提唱した「SE理論」を下敷きに、当時の技術レベルを超越した(ように見える)兵器を研究・開発していたとされる。政治的な理由から、その存在は一切公開されず、0108年にキース・マクレガーなる人物が記した著作「ネオファリアの中で」によって初めて存在が明るみに出ることとなる。しかし、この著作の記述には現実と乖離した内容が多く(MSの配備状況など)、その信憑性に疑問が持たれる。同時にネオファリアの実在にも疑問符が付けらてれる。

●SE理論
ネイナ博士が提唱した、ミノフスキー物理学を元にした空間構造論(?)
あまりの難解さや、研究時期に一年戦争勃発が重なったことによってミノフスキー物理学会には無視されていたといわれる。20世紀末の数学・物理学者ロジャー・ペンローズの『ツイスター理論』との類似性が見られる。

以下旧記事より再録「SE理論」

物理学者ネイナ・ラフィット・ファルムが提唱した、ミノフスキー物理学の上に立脚した空間構造論。
理論空間『SEフィールド』における『原質』(これの概念は不明であるが、仏教の経典にある色即是空の「色」という意味合いの言葉が使われている)の【相】が、実空間での距離や物質の質量、その他の物性を決定する、という仮定の元に理論構築されている。
それによると、空間的な距離や物質の質量はSEフィールドでの原質の振る舞い・・・エネルギーポテンシャルの変動による【相】・・・であるとし、空間とエネルギーを等価に扱うことができるとする。
ネイナ博士は、実験で作られたIフィールド内に、ミノフスキー立方格子構造の【欠損】(理論上欠損は生じない)を見つけ、そこから【空間の消失】を直感したといい、それがSE理論を構築するきっかけとなったとされる。
この理論がミノフスキー物理学会において発表された当時は【真空エネルギー】実用化の期待が高まったが、検証に要する装置に天文学的ともいえる莫大な資金が必要になりそうなことや、そのコントロール法が理論的にも確立できなかったことから『夢想の空論』と呼ばれるようになる。
また、折しも一年戦争が始まったこともあり、一般への発表はかなり限定された範囲でしか行われておらず、世間での認知度はかなり低い。

なお、一年戦争終結後、ネイナ博士はアナハイムエレクトロニクスの食客研究員になったという。


●SEドライブジェネレーター
SE理論によって生み出されたソード兵器の主機。ただし、関節モーターへ電力供給を行うのみならず、それ自体が推進器でもあり、通信器でもあり、空間センサーでもある。「暫定空間消去」を行うとされており、一時的に空間の相転移を起こし、そこから真空エネルギーを汲み出す装置ではないかと想像される。空間構造へのアクセス装置という側面からは、たしかにセンサーや通信にもなる可能性もある。しかし作動原理には不明なところが多く、想定外の暴走が起こることもあったという。

●ソード兵器
基本的にSEドライブを搭載した人型機動兵器だが、SEドライブ搭載だけでは「ソード兵器」を名乗ることはできない(ディジェSE−R)。「ソードシステム」の一部となる機能を有するものだけが「ソード兵器」である。有人機と無人機がある。

●ソードシステム
ソード兵器はSEドライブの通信機能を用い、相互に影響しあって有機的な戦闘単位を構成する。これをソードシステムといい、計画上のフルスペックで稼動した場合は、地球圏の全軍事力に匹敵する戦力を得られるという。
この超戦力をコントロールするのが「ネクスト・ワン」と呼ばれるたった一人の人間だというところに兵器としての難があるのはいうまでもない。

●ネクスト・ワン
ソードシステムをフルコントロールする能力を持つ人間。ニュータイプの亜種といわれるが、ここでいうニュータイプの定義が不明なため、具体的にどのような能力があればネクスト・ワンと呼ばれるのかはわからない。今までにこの能力の保持者とされたのはキース・マクレガーのみ。

●SEフィールド
SEドライブ稼動時に機体周囲に任意で展開されるフィールド。光学的作用以外は通常空間と切り離さなされたような状態となり、あらゆる物理攻撃を受け付けなくなる。ただしこちらからの物理攻撃も外には出ていかない。重力制御か質量制御によって加速Gもキャンセルされる。空間を制御して「距離」を消しているのなら、「加速」という概念そのものが通用しないのかもしれない。

●熱弾ビームキャノン
ソード兵器の主兵装。ビームライフルの一種だが、非常に強力な収束器でビームを凝縮し、「熱弾」に変えて射出する。プラズマ化したメガ粒子があたかも固体のように振舞うまでに凝縮されるために、ビーム砲の射出速度と質量兵器の着弾効果を併せ持つ。よって、Iフィールドでは完全に防ぐことはできない。射出時には大きな反動がある。

●タイラント・ソード
有人ソード兵器の実用第1号機。選任パイロットはキース・マクレガー少尉。愛称は「アグレス」。SEドライブジェネレーターを3基持つ。ソードシステムのコントロール機でありながら、単体では格闘戦を主眼に設計されている(格闘というよりショートレンジ戦闘という意味)。一見ちぐはぐな設計思想に思えるが、戦略規模の兵力でも全て格闘戦で撃破できるのがソード兵器である。全てを塵芥と化すコロニーレーザーとは違い、交戦対象を選択して確実に各個撃破し、敵兵力が機能を失うまでそれを継続できる「戦略級格闘兵器」

●スレイヴ・ソード
無人ソード機。ソードシステムによって遠隔コントロールされる



トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ルロイ   2008年04月05日 00:28
タイラントって、「未来(ガイア・ギア時代くらい)から来た技術によって改編されたグリプス戦役直前の歴史」って感じなんですよね(笑)

ガンダムOOなんかも、技術格差のイメージ的にはVの時代の技術がタイムスリップしてきたZの世界という感じがします。
2. Posted by 叡天   2008年04月07日 02:16
オレ的には宇宙世紀の都市伝説みたいな感じで、一般には旧世紀のUFO話程度の認識しかないって感じを想定してます。
でもほら、現実でもUFOとか宇宙人の乗物の飛来をホントに信じてる人も居るでしょ?
反重力とか、超重元素をエネルギー源にする機関とか、ツッ込んだ検証をするとすぐにボロが出るような疑似科学話を、科学的な検証もしない人が信じちゃう構図も。

ちょうどそんなポジションにある話。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
訪問者数

livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
Recent Comments
Archives
Profile
叡天
livedoorアミーゴ