2008年08月08日

GUNDAM system

陸ジム

 

 

 

 

 

 

 

陸戦型ジム

実機が存在しない「プロトジム」を陸戦向きに改設計して直接製造されているため、後に量産されるジムとは兄弟機に当たり、A型の先行量産機ではない。強いていうなら「ジム」というシステムそのものの先行量産型の一つといえるかもしれない。また、同じ生産ラインを使ってRX−78の余剰パーツから陸戦型ガンダムと呼ばれる機体が十数機組まれているが、原設計上の規格共通性から、これも兄弟機といえる。
形式番号はRGM−79〔G〕だが、〔 〕内のGは連邦軍のMS命名規則におけるシリーズを示すものではない。この時期に生産されたジムにはシリーズナンバーが与えられていないため、便宜上付けられた型番であり、同様に宇宙で運用された初期生産分のジムには、原機からどのような改設計がなされていても〔E〕の型番が付けられている。
外観はジムA型と大きく違って見えるが、新規設計された胸部以外の基本フレームはほぼ共通であり、四肢マスバランスや関節部品は高い互換性を維持している。関節アクチェーターとなるフィールドモーターは、冷却システムの完全空冷化により胸部にて集中廃熱できるようになったため、外部に露出していた個別の冷却器(丸一モールドのパーツ)は省略された。熱の移動には関節軸を用いた電子伝導方式を用いるため、ジオン軍MSのような関節と非同軸の自由度を持つ伝導管(動力パイプ)は存在しない。
また、ジム量産に際して早期に採用が見送られていたルナチタニウム合金を装甲に採用しており、耐弾性や耐熱性は後に量産される同名機よりも高次である



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
訪問者数

livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
Recent Comments
Archives
Profile
叡天
livedoorアミーゴ