ボトムズ

2007年05月01日

とりあえず本体は出来た

a9ab7a68.jpg

敵の血潮で濡れた肩

地獄の部隊と人の言う

パルミスの高原、ミヨイテの宇宙に

無敵と謳われたメルキア装甲特殊部隊

情無用、命無用の鉄騎兵



systemA10 at 01:24|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2007年04月05日

最低野郎

5a468a2b.jpg

リアルなメカにはリアルな人間じゃないとおかしいよな。

ってことで久々に人間描いてんだけど、ホント久々。

しかも3DCGに合わせるヤツだから、後で画像処理するとはいえシェーディングの調子を合わせなくてはならない。なんか非常に面倒である。マシン新調したらポザーを買うか・・・



systemA10 at 00:20|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2005年07月22日

バトリング

8e29d8d8.jpg流れ者は一攫千金を夢見、冷たい棺桶に再び身を委ねる。
錆びた鋼の臭いが血を連想させる・・・血に塗れた、懐かしい戦場の匂い。
ヴァリアブルコンプレッサーの脈動が己の鼓動と重なり、男は装甲騎兵に戻る。
戦場に最低野郎、そして眼前に倒すべき敵。すべて揃った。

さあ、お待ちかね紳士淑女諸君!
掛率100倍、死亡率1000倍、命を張ったゲームの始まりだ!続きを読む

systemA10 at 22:59|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!

スコタコ

46ea6782.jpgリンク貼ってある『T-World』管理人つっくんサンから強奪したタコの3Dデーターを弄り倒し、加筆に加筆を加えてみました。
ガンダムとはまた違った「すぐに触れそうなリアル」ってヤツ。続きを読む

systemA10 at 18:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2005年07月14日

タコ勝負・・・経過報告

ff8f1e41.jpgうわぁ、オレのタコめちゃカッけえぇ!
神とかが呼んでるよ!!

systemA10 at 18:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2005年06月19日

タコ勝負・・・経過報告

11b6ba74.jpg関節位置の設定中。

こんな大見得切りポーズとアングルは、いかにラビドリードッグといえどもオレの中では「ありえない」のだが、『修羅』の回のラビタコの圧倒的強さを見ると、こう描きたくもなる。
無論、あの世界では、無敵に強いのはラビタコではなくキリコなワケだが・・・
ATはどこまでいっても道具であり、専用機(実際は専用機ではなくストライクドッグの量産機なんだけど)でさえポイ捨て上等。

だが、それがいい。続きを読む

systemA10 at 21:09|PermalinkComments(6)TrackBack(0)clip!

タコ勝負・・・経過報告

3788d7e8.jpg問題は解決されてゆくのだ。

・・・コメントは明日書く。おやすみ。

systemA10 at 02:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2005年06月18日

タコ勝負・・・経過報告

868afa6b.jpg共通テーマに『ボトムズ』を作っても、投稿するヤツがオレしかいねぇモンだからすぐなくなる。
いちいち作成すんのも面倒なので、「お絵かき」に入れとこう。

しょと氏との血で血を洗うタコバトル(ドッグ系ATは、その頭部形状から「タコ」と呼ばれる。昔からそう決まっているのだ)。

狂犬のゲージモデルが完成したぜ。
この出来で安心してると足元すくわれるからな!続きを読む

systemA10 at 22:30|PermalinkComments(3)TrackBack(0)clip!

2005年06月14日

タコ勝負・・・経過報告

cab31e5a.jpgなにか・・・なにかが足りぬ!(憤怒
足りぬ、足りぬのだ!!続きを読む

systemA10 at 22:05|PermalinkComments(3)TrackBack(0)clip!

ATの装甲についての考察

77b61f38.jpg・・・テンパってるので、気分転換です。
ATの装甲部分の分解図です。はい。

タカラの24分の1スケールプラモを源流とするディテールに意味を付与してみました。
「なんでプレス成型されたペラペラの一枚板の縁がリベット留めされてんだよ?リアルっぽくするための記号だろ?」とかよく言われてたじゃないですか。物知り顔のミリオタとかから。

アレはですねぇ、オレがアストラギウス銀河を幻視したところ、軽合金製かなんかのフレームがあって、ソコに防弾鋼板(薄いけど)がボルト留めされてんですな。装甲部だけ交換が容易なように。
ボルトとナットで留めると、模型で見栄えのする六角ボルトが表面に見えます。
しかし、六角ボルトは付け外しの際は便利ですが、角ばってるので草とか木とか布とかがひっかかり易い。
そこで軍用では丸頭のボルトを使ってます。大河原御大の描く設定画のごとくに。
締め付けは裏のナットを締めるんです。ボルトの頭が丸いとレンチの相がけが出来ないので、スプリングワッシャーが挟まってるかもしれません。
しかしまあ、戦時下で物資とかが不足してるんで、現場では普通にそこらにあるボルトナットを代用してる場合も多いから、六角モールドもアリなんです。
更に物資不足になると、そこらの鉄板切り抜いて、それに軸を溶接して取り付けたり、そーゆーのもアリなのがATです。
制御用のコンピューターと、規格品のマッスルシリンダーと、適当な信号線があれば、強度はともかく、材料の切り出し寸法さえ大きく間違わなければ、町の工場で作れちゃうのがATなんです。実物大のタコ作った方なんかもいますしね。

もう、文章変です。
でも意味は伝わったでしょ?
「なんでオマエはアニメメカごときをそこまで考証するんだ?」とか言われるかもしれませんが、そーゆースキルの持ち主だから仕方ない。

なお、フレームの構造部分は適当に描いたモンですんで、力学的な強度とか考証してませんのであしからず・・・

systemA10 at 00:04|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!
訪問者数

livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
Recent Comments
Archives
Profile
叡天
livedoorアミーゴ