『THE BATTLE OF“REAL U.C”』

2013年08月01日

戦艦レイテ

37201281


宇宙世紀の『戦艦』

systemA10 at 11:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2009年01月01日

『THE BATTLE OF“REAL U.C”』

RX-78-2

キャメルパトロールとの交戦時

systemA10 at 22:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年09月15日

『THE BATTLE OF“REAL U.C”』

ボール

 

 

 

 

 

 

ファイゼル氏からいただいたボールの3Dデータを画像化。



systemA10 at 23:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年11月29日

『THE BATTLE OF“REAL U.C”』

ガンダム最終仕様完全版

 

 

 

光学系のフィルタを使うとな、マッハバンドが発生する。
HDRI画像の編集ができるフィルタが欲しいです。
あんのかな?

続きを読む

systemA10 at 00:23|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2007年11月20日

『THE BATTLE OF“REAL U.C”』

ガンダム最終仕様完全版0252

 

 

 

 

関節部、外装の煮詰めがまだまだだけど、とりあえず久々に一品

続きを読む

systemA10 at 00:06|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

2007年01月21日

『THE BATTLE OF“REAL U.C”』

tincoodこの画像、なんとノイズフィルター入ってない原画を保存してなかったので、これ以上手を加えるのが難しくなった。やったコトある人なら分かると思うが、実際の写真などノイズが入った画像を根本的にいじるのは物凄い手間なのである。なので気力折れして完成ってコトで。とりあえずタイトルロゴを入れてみた。

これはペイントとレタッチで描いたオール2D画だが、3Dを使ったとしても『THE BATTLE OF“REAL U.C”』ではこーゆー処理が目標である。

「必ず実際に撮影可能なアングルで、実在しない兵器の写真を撮る」っての。実在しないものだからこそ、この制約がリアルを醸し出すはず。

 

tinラフ

ちなみにこれが製作前に描いたラフデザイン。TINコッドってファーストには登場してないんだよね、たしか。デザインはされてたらしいけど。Zには設定が流用されて出てきたけど。

運動性が非常に高い設計になっており、高運動性能のAIミサイルを対峙位置で確実に撃破することを主任務とした迎撃戦闘機ってコトで。あらゆる機体姿勢からの攻撃が可能で、無人のAiミサイルとショートレンジでドッグファイトできたりする。まあミノフスキー粒子下では敵もロングレンジの誘導ミサイル飛ばしてこないけどな。

この機は基地への攻撃などの突発的な事態に迅速に対応することを主眼として作られているため、航続距離も短く、兵装量も少なく、あくまで「迎撃機」にすぎませんので、連邦空軍の主力戦闘機はあくまでフライマンタの戦闘機型です。大規模な侵攻戦が起こらないと考えられている一年戦争前の地球圏ではどんどん配備数減らされてるとはいえフライマンタ(戦)。オレの脳内ではそうなんです。



systemA10 at 22:46|PermalinkComments(9)TrackBack(0)clip!

2007年01月03日

テスト

ffcdc3f2.jpg

スタジオ写真と現場写真は別物だ。

商品見本と戦場写真では伝えようとするものも違う。

オレがなにをエミュレートしたいのかといえば、宇宙世紀のリアルである。綺麗なガンダムの模型写真ではない。そのためには「せっかく作ったモデルだからキレイに見せたい」というCG作家にありがちな衝動は排除すべきものだったりする。

18mもある機動兵器が理想的な環境下で撮影されるコトなどほぼないと考えている。光量は常にままならず、黒く潰れ、白く飛び、猛烈な相対速度で動いている被写体が上手く写るコトを祈って連続シャッターを切るしかないのである。露光不足から美しい星背景など写るはずもない。AF機でも被写体にピッタリとピンを合わせるは困難である。しかも撮影しているのは専業カメラマンではないかもしれない。そんな状況下で、ベストではなく、ベターを尽くされた写真。そんな画像を作るのが『THE BATTLE OF“REAL U.C”』 の狙いであります。

描き込み不足を隠すためだが、これはピンが合わなすぎ。想定している状況では連写してるだろうから、もっと写りのイイのを見つけてボツにするであろうレベルのヤツ。相当に安いレンズでもない限り80mm程度ではココまで色ズレも起こらないと思うが、高解像度版の叩き台だから、同じスクリプトが使えるようにしたの。



systemA10 at 00:31|PermalinkComments(13)TrackBack(0)clip!

2007年01月01日

『THE BATTLE OF“REAL U.C”』

gundam71あけましておめでと



systemA10 at 14:55|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!

2006年12月07日

ザク統合計画

9f320148.jpg

J型に迷彩してみた。低視認性化という点には疑問があるが、高い樹木や岩場だと、機体姿勢は分かり難くなると思う。MSの迷彩は航空機的な意味合いでの迷彩である。

あと、ゴム部品も使った。宇宙じゃ使えない材質も、地上なら使えたりする。

欺瞞モノアイは描かなかった・・・



systemA10 at 01:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年11月17日

考えてみた

c848eae1.jpg

MSの構造を考えてるよ!マジメに!下腕から!

腕はね、軽いよ。肩を除く腕部全体でも4tってトコ(冷却剤などは除く)。最も軽量に作られているべき部分だし。外装はペラペラだぁ!その外装はプレスじゃないが、宇宙世紀技術で一体成型されてるのな。それが外装保持フレームに接着されて一つのパーツになってるワケ。

明日から関節を考えるよ。特に、電気配線やその他の配管経路を考えねばならない。最も可動する箇所だから、やはり軸内配管だろうと。その自在ジョイントやシーリング法やなんかを考える。わりと楽しい。



systemA10 at 00:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!
訪問者数

livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
Recent Comments
Archives
Profile
叡天
livedoorアミーゴ