『THE BATTLE OF“REAL U.C”』

2006年11月16日

『THE BATTLE OF“REAL U.C”』

d4dc5f04.jpg

オレの絵は慣性飛行中のモノが多い。だって、宇宙ではあんましハデにバーニア噴かす機会なんてそうそうないだろうからってコトなんだけど。ましてやそんな状況での「写真」は撮影するのが極めて困難だろうと。超望遠だと迫力なくなるし。

MSってヤツは、初速は主にカタパルトの射出で得、軌道変更時にメインバーニアを噴かすモンなのです(運動量としては、これに母艦の速度が加わっている)。アニメだと、姿勢制御用スラスターが進行方向を変えるほどの推力あるように描かれたりしておりますが、実際は機体姿勢を変更するためのモーメントを作り出す為の噴射装置であり、これによって機体姿勢を変化させた後に、メインスラスターを任意の方向に噴射するのが「リアル」な描写であります。姿勢制御しても軌道が変わるワケじゃないので、敵弾を避けるのにはほとんど役に立たねぇでしょうな。アムロクラスのニュータイプならば、半身を捻ってかわすとかしそうですが、マトモなパイロット達は、カメラからの情報で、敵機の機体姿勢を知り、相手の射界を先読みしながら戦闘機動しているワケです。イボルブのMk2編とかが結構それらしかった。あんましカッコいいもんじゃないけど・・・



systemA10 at 00:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年10月26日

ザク統合計画

MS-06R-1MS−06R−1型 (シン・マツナガ機)

 

 

 

 

 

シン・マツナガ

確かに漢はヒゲだが、あまりにヒゲすぎると思った。

>ネコミミを付けてください

断る。

>凄腕ハッカーによる電子戦

それが未来の戦場。高度にネットワーク化されて映像情報とかを共有していると、ハッキングされてリアルタイムにデータ改ざんとかされんのね。カメラを奪われるとモニタ上に何も映ってないのに攻撃受けるとかね。当然MSはネット化されてないからそーゆー影響を受けないが、代わりに情報戦で不利となる。でも、四肢を使ったゼスチャーなどで味方に情報伝達できるからミノフスキー粒子下ではアドバンテージだなぁと思いました。



systemA10 at 00:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年08月06日

『THE BATTLE OF“REAL U.C”』

RX−78

 

 

 

 

 

 

 

ガンプラなどでは無造作に入れられているように見えるスジ彫り=パネルラインをマジメに考察するならば、そこには意味があるはずで、そこから「工程」なども感じさせるものである必要がある。頭の中ではガンダムの外装構造についてほぼイメージが固まっているのだが、いずれその解像度でハッチオープン状態を描こうと思う。装甲パネルの縁の処理が、今まで模型スケールでしか表現されなかったものとは大きく違うくなるはず。



systemA10 at 15:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年07月31日

『THE BATTLE OF“REAL U.C”』

4e7eee43.jpg RX−78 ガンダム

systemA10 at 02:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年06月15日

『THE BATTLE OF“REAL U.C”』

805fbd46.jpg

ファイゼル氏モデリングのコアファイター兇鰺用して作った画像。

背景がまだ未完だけど、完成時の色調はこんな感じで・・・



systemA10 at 22:36|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

『THE BATTLE OF“REAL U.C”』

50b4e0d6.jpg

宇宙世紀の「リアル」表表紙



systemA10 at 21:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年06月04日

『THE BATTLE OF“REAL U.C”』

 61式戦車を作成開始。

宇宙世紀のスーパーハイテクMBT。

2連装150mmETC砲、チタン−セラミック複合装甲、高度な電子装備、強力な水素ガスタービンエンジン、などなど、夢のように強力な戦車だったはずだけど、ミノフスキー粒子散布下でMSにコテンパンにやれられて、その後の陸戦兵器の王座を新興の人型兵器に明渡すこととなる。

61式

 

 

 

 

 

 

 

妄想諸元

[車体]
全長:11.2m(150mm砲含む)
車体長:9.8m 
全幅:4.8m(サイドスカート含む) 
全高:3.05m(標準姿勢車高時/砲塔上面) 
車高:0.45m(標準姿勢時) 
戦闘重量:68t(全備) 
乗員:3名(車長、砲手、操縦手)
整地最高速度:106km/h
登坂力:60%
超提高:1.4m
路上航続距離:780km(最大)
装甲:チタン合金セラミック複合材
主機:タキム重工製セラミックガスタービンエンジン
出力:3000hp
懸架方式:油圧アクティブ

[武装]
150mm電熱化学砲×2
高角30mm機関砲×1
30mm同軸機関砲×2
7.62mm機関銃×1
3連装発煙弾発射機×2

45口径150mm電子熱化学砲
直接照準射程距離:3600m
発射速度26発/分(×2門)
携行弾数:68発
備考:対地、対空ミサイル発射可能


高角30mm機関砲
発射速度:600発/分(最大)
携行弾数:2400発(同軸機関砲と共用)
備考:対空、対軽装甲車両用 最大仰角78°標的自動追尾システム連

続きを読む

systemA10 at 03:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年03月23日

フライマンタ

5b1b6b70.jpg

まだCGっぽいうちに・・・

コレに影とテクスチャーとマーキングが入るワケ。



systemA10 at 01:05|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2006年03月18日

『THE BATTLE OF“REAL U.C”』

c8b6dd5b.jpg手始めに「TINコッド」リテイク版。

systemA10 at 20:42|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!
訪問者数

livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
Recent Comments
Archives
Profile
叡天
livedoorアミーゴ